>

スキー場へ気軽に行けない理由

まずは筋トレから

スキーなどのスポーツは、まず体力をつけることが必要です。
そして、筋トレを始めるにしても、どこの筋肉を鍛えるべきなのかわからないとだめですよね。
足につける板は決して軽いものではありませんし、滑るときにはずっと動いていなければいけません。
そのため、足腰の筋力をつけないと、いくら技術を磨いてもすぐに疲れてしまいます。
また、けがの予防にもなりますし、バランスもとりやすくなり、結果的にうまくなります。
スクワットなら自宅で時間が空いた時にでもできますよね。
ただ、筋トレ初心者にはスクワットはきついかもしれません。
そんな人は、軽いジョギングなどから始めてみるといいでしょう。
自宅周辺をまわるだけでも毎日続ければ効果があらわれるでしょう。

イメージトレーニングも大切、室内で練習も

どんなスポーツでもいえることなのですが、イメージトレーニングは大事ですね。
自分はどんな動きを理想としているのか、滑っている姿がかっこいいと思える人はどんな風に滑っているのか、きちんと把握しておくといいですね。
もし動画で見られるなら、寝る前などに見ることでイメージを膨らませましょう。
もし動きが分かりやすいものがあれば、ゲームで動きを確認してみるのも面白いでしょう。

また、オフシーズンでも練習できるように、室内練習場もあるということをご存知でしたか?
自然な雪はなくても芝生の上で動きを確認できたり、人工の雪の上で滑ることができるようです。
さすがにゲレンデのような広さはありませんが、オフシーズンでも身体がなまらないようにトレーニングするには十分な広さです。
また、冬までに動きを習得しておきたい人にとっても練習しやすい環境ではないでしょうか。


この記事をシェアする